入手困難なオメガのフライトマスター

オメガのフライトマスターは入手するのが難しいレアアイテムです。
もし、見つけたらそれは運命だと思っていいでしょう。
マニアに人気のフライトマスターにはどのような魅力があるのでしょうか?

パイロット用に作られた時計

フライトマスターは1960年代にパイロット用の腕時計として開発されました。パイロット向けに作られていることもあり、機能も他のモデルと異なります。
短針が2本あり、文字盤や針が色分けされているのが特徴です。
ムーブメントは高い信頼性を誇るスピードマスターのCal.861がベースとなっています。

1970年代まで製造されていましたが、現在は生産が中止されているので、購入できるのは中古品のみです。その中古品さえもなかなか手に入らない入手困難な時計です。

出会える確率は非常に低いので、欲しい方は見つけたら即購入してください。そうしないと他のファンに先を越されてしまいます。

前期モデルと後期モデルの違い

フライトマスターには前期モデルと後期モデルがあります。
前期・後期の大きな違いは9時の位置に設置されたインダイヤルです。

前期モデルは24時間計、後期モデルには秒針が設置されています。

さらに後期モデルにはクロノグラフ機能やインナー回転ベゼルなどが採用されていますし、前期と後期では風防も異なります。

前期の風防は後期よりも厚みがあるのが特徴です。

フライトマスターの魅力

オメガのフライトマスターの魅力といえばデザインです。
ケースが独特な形をしていますし、文字盤や針もカラフルでバリエーションも豊富です。

また、ずっしりとした重さが感じられるのもフライトマスターの魅力だといっていいでしょう。

パイロット向けに特化した作りになっているので、視認性にも優れています。デザインも機能性も申し分ない時計です。

入手困難なレアアイテム

フライトマスターは1960年代~1970年代の約10年間に製造されました。生産中止モデルなので、入手するのは非常に難しいです。

販売店よりもまだネットオークションの方が可能性があるかもしれません。

ただ、フライトマスターを狙っているライバルが非常に多く、予想金額を遥かに超える可能性があります。そのくらいこの時計を欲しいと思っているマニアが多いのです。

フライトマスターの買取価格

オメガのフライトマスターはどの買取店も欲しいと思っているので、高額買取になりやすいです。状態がいいものだと驚くほど高く売れるかもしれません。

ただ、フライトマスターの価値が分からないところに売ってしまうと逆に相場以下で買取されます
買取店ならどこもオメガの時計に詳しいというわけではないので、お店選びは慎重に行ってください。

また、買取店で売らずにネットオークションに出品するという方法もあります。
上手くいけば買取店よりも高く売れる可能性があります。

ただし、ネットオークションの場合、個人売買となるのでトラブルも起きやすいですし、何かと面倒なことも多いです。
ネットオークションの利用経験がない方は素直に買取店で売った方がいいでしょう。

オメガ買取価格.comのTOPへ