オメガの定番、「シーマスター」をチェック!

オメガは長い歴史を持つ、スイスの高級時計メーカーです。
しかし、ラグジュアリーな時計を追求している訳ではなく、その性能、社会貢献、そして宇宙への挑戦。
こういった、壮大な目標に向かって挑みつづけている先鋭的なメーカーでもあります。
そんなオメガの人気モデルのひとつに、1948年に発売され今も尚、支持を受けつづけているシーマスターがあります。
時計ファンであれば、シーマスターという名前を一度は聞いた事があると思いますが、やはりその人気の裏には素晴らしい機能性があったのです。
ここでは、そんなオメガのシーマスターの魅力についてたっぷり紹介していこうと思います。
是非、シーマスターのファンになってください。

ダイバーズモデルの代表、シーマスター

オメガシーマスターと言えば、間違いなくダイバーズモデルの代表格と言える風格を持ち合わせています。
第二次世界大戦中、イギリス軍の依頼を受けたことで製作されたこのシーマスター。
ねじ込み式の裏蓋を使用した防水時計のマリーンと名付けられたモデルが原型と言われています。
そして、このモデルを一般的に使えるように改良して生まれたのが、シーマスターなのです。
高い機能性を持ち合わせながら、そのクールでスポーティーなルックスが受けに受け、世界中で大ヒットを記録したのです。
結果的に、イギリス軍もこの時計を正式採用。
より名声を上げることとなりました。

素晴らしい伝説の数々

シーマスターと言えば、の話があります。
こちらは、シーマスターを愛する方であれば必ず知っている内容なのですが、敢えてここで紹介します。
1962年に、アメリカの飛行艇が沈没してしまい、それを救出したダイバーが語った話しとして有名なのですが、「我々は45m潜り、沈んだキャビンから何か持ち帰れるものがあるか探した。
結局見つかったのは、シーマスターだけだった。
陸に上がったとき、この腕時計はまるで何事もなかったかのように動きだした。
」というのです。
また、ジャック・マイヨールが無酸素潜水の世界記録を達成したた時、その腕に巻かれていたのが、シーマスター120Mという話も知られています。
無駄な機能性を持ち合わせているのではなく、その実力を実際に発揮できる時計メーカーは少ないでしょう。
さすが、オメガという感じですね。

リニューアルしたスピードマスターが人気

2011年、バーゼルフェアでオメガシーマスタープラネットオーシャンは大人気となったようです。
この理由は、なんと自社生産のクロノグラフを搭載したキャリバー、『キャリバー9300』を使っていたからなのです。
開発6年というkのキャリバーはクロノグラフでは珍しいタイムゾーン機能も持ち合わせており、さらには時針だけを1時間単位で調節可能。
香箱を2個搭載したツインバレル方式もあり、60時間のロングパワーリザーブを揃えるというなんとも贅沢な機能が搭載されたのです。
高級感があるだけでなく、とにかく機能的。
これが、魅力なのですね。

シーマスターのシリーズ紹介

では、ここで人気のシーマスターのシリーズを紹介しましょう。
まず、プラネットオーシャン。
こちらは、ダイバーズウォッチとしての最高の機能を搭載している、定番中の定番として人気です。
そして、あのプロダイバーズ。
ジェームス・ボンドが、映画007で身に着けていた事でも知られるあのモデルです。
ブルーの文字盤と逆回転防止ベゼルも爽やかで好印象です。
また、アプネア。
こちらは、合計14分まで計測可能なアプアネアカウンターがあり、潜水ダイバーのお助けアイテムとなっています。
最後に、アクアテラ。
150mの防水性能を備え、コーアクシャルエスケープメントが搭載された、クラシカルなモデルです。
こちらも大人気ですね。
シーマスターこそ、憧れの逸品です!