オメガ・スピードマスターが爆発的に人気となったある事件とは?

レースなどでタイムを測るために作られたとも言われるオメガの腕時計スピードマスターシリーズ。

全体的なフォルムや多機能性など男性の心理をうまくくすぐる仕様の腕時計として有名ですが、実はこの時計は事件がきっかけで爆発的な人気を得るようになったそうです。

その事件はオメガ・スピードマスターの機能が十分優れていることをアピールするには十分すぎる事件でした。

では、オメガ・スピードマスターの人気が大爆発したきっかけとなるある事件とは何だったのでしょうか?

そこで、今回は、オメガ・スピードマスターの人気が大爆発のきっかけとなったある事件について解説致します。

オメガ・スピードマスターとは?

オメガのダイバーズウォッチとして代表格ともいわれているシーマスターをベースに作り上げられたドライビング用スピードマスターは、レーサーがタイムラップを測るために開発された腕時計として認知され現在でも多くのファンが愛用される時計としてその地位を確固たるものとしていますよね。

おそらく一度も聞いたことが無いという方は少ないのではないでしょうか。

それほど有名なものとして定着しているスピードマスターは、自動巻きムーブメントという現在ではあまり見られない仕様も魅力なのですが、何といっても、温度や圧力・振動などに左右されない耐久性の優れた腕時計としてあらゆる障害の中でも正確に時を刻んでくれる優れた時計として多くの男性から支持を受けています。

デザイン性としても、オーソドックスに黒く光る文字盤にシックな白い針がモノトーンながらも華やかすぎること無くオシャレで格好良い風貌を醸し出しているので、魅力を感じます。

機能性・デザイン性共に魅力を感じられるオメガ自慢の多機能腕時計がスピードマスターなのです。

オメガ・スピードマスターを爆発的人気に仕立てたある事件とは

オメガのスピードマスターのモチーフであるダイバーズ用腕時計シーマスターは人気の定番モデルですが、そのシーマスターをモチーフにしたスピードマスターは始めそれほど人気はなかったそうです。

ただ、ある事件をきっかけとして、爆発的人気を得られるようになったと言われています。

その事件とは一体どんな事件だったのでしょうか?

実は、昔遂行された有人月飛行計画『アポロ13号』で起こった事件が大きく関係していたようです。

1970年、大々的に計画が建てられ遂行されたアポロ13号計画でしたが、月に向かう途中にアクシデントが発生します。

なんと、酸素タンクが爆発し大事故が発生してしまうのです。

このエピソードは映画『アポロ13号』でも描かれているそうですが、この大爆発事故の中、アポロ13号が大気圏に突入する必要に迫られ、そのためには14秒間の逆噴射する時間を正確に測らなければならない事態に陥ったのです。

その時にクルーが時間を測るために用いた腕時計がこのオメガのスピードマスターでした。

この難しいミッションを見事にクリアし、正確に宇宙空間の大事故が起こっている中でも14秒という正確な時間を測ることに成功した、クルーたちは無事生還します。

多くのクルーたちの命をも救った正確な時を刻むオメガ・スピードマスターの機能性に多くのファンが惹かれ、人気が大爆発となったのです。

もしこの頃にスピードマスターがなかったらと思うとぞっとしてしまいますね。

まとめ

今回は、オメガ・スピードマスターの人気が爆発的に上がったきっかけとなるアポロ13号での大事件について触れていきました。

アポロ13号は有人月飛行計画の一つで、人間の夢である宇宙旅行計画を一つの形としたものでしたが、酸素タンクが月面飛行の途中で大爆発する大惨事に見舞われ、その中でアポロ13号が大気圏突入のために逆噴射するまでの14秒を正確に測る必要に迫られました。

一歩間違えば、さらに惨事は広がりクルーの命すら危うかったのですが、クルーの中のひとりがオメガ・スピードマスターを用いて正確に時を測り無事生還したこのニュースは、多くの人たちから、信頼と人気を得るきっかけとなったのです。

ニュースとしては、無事クルーが生還し安心できるニュースですが、一歩間違えればどうなっていたのかわからない大きな事件だっただけに、多くの男性ファンを得て人気を爆発的に上げることに成功したわけです。

歴史的ニュースも意外なところでお目がスピードマスターとの深いつながりが見られ、改めてオメガの凄さを感じる事ができたと言えそうですね。

まだまだオメガには深い謎が多く潜んでいます。

みなさんも、ぜひその秘密の部分を紐解きながらオメガの魅力を体感してみてくださいね。